足立区で皮膚科・小児科なら五反野皮ふ・こどもクリニック|土日診療

〒120-0011 東京都足立区中央本町2-26-13 サミット五反野店3階

Web予約

MENU

ブログ

Blog

熱中症に備えて

都内もこのところ、日中の気温が30℃までとなり、熱中症注意の報道も見られます。本来、7月に入ってからコラムにしようと思っていましたが、早めに掲載します。 下のグラフは昨年、2020年の「熱中症救急搬送状況」ですが、毎年、…

川崎病

今回は「川崎病」です。小児科では最重要疾患の一つです。1967年に日本の川崎富作先生が報告し、その後、WHOで”Kawasaki Disease”と認められたのが1978年です。 1.原因不明 この病気は4歳以下に多いの…

アデノ・ウイルス

世の中はウイルスと言えばコロナになっていますが、ウイルスの種類は無数にあります。 新型コロナ以前から保育園や小学校では子供たちを預かる責任上、感染症流行に敏感になっています。 今回はその中でアデノ・ウイルスを取り上げてみ…

日本脳炎ワクチン製造中止のお知らせ

日本脳炎ワクチン製造中止に伴い、当院での予防接種のご予約を一時休止させていただきます。 予防接種再開の時期は現状未定となっており、再開の際はホームページにて告知させていただきます。 接種を希望されるお子様やご家族の方には…

ホクナリンテープは咳止め??

「咳」というのは大人も子どももよくある一般的な症状です。普段の診察でもホクナリンテープ(一般名:ツロブテロール貼付薬)という体に貼る薬がよく咳の薬として処方されます。   内服を嫌がったりする子どもに「体に貼る…

口の中で分かる病気

小児科は全身を診る科です。その中で「口腔内所見」といい、口の中の診察で、病名がはっきりすることがあります。 子供は口の中を見(診)られるのが大嫌いです。普通、舌圧子という平たい棒で舌を抑えながらライトで喉(のど)の上下左…

帯状疱疹について

【帯状疱疹について】ほとんどの方が子供の頃に水痘(みずぼうそう)にかかっていると思います。水痘はウィルス感染によって発症します。一度感染すると、ウィルスは水痘が治った後も一生体の中に残ります。具体的には、神経(特に感覚神…

赤ちゃんの嘔吐

赤ちゃんは授乳中や授乳後に嘔吐することが多いものです。 僕の上司は「赤ちゃんというのは、吐きやすいものだよ」とお母さんに説明していました。もちろん、胃腸炎やほかの病気がないか、診察で確認してからの説明です。 大人はお腹い…

1 2 3 4 5 6 7
pagetop