足立区で皮膚科・小児科なら五反野皮ふ・こどもクリニック|土日診療

〒120-0011 東京都足立区中央本町2-26-13 サミット五反野店3階

Web予約

MENU

ブログ

Blog

ミスを防ごう~フェイル・セーフ、フール・プルーフ、インターロック~

野球を見ると、捕手の守備に感心します。内野ゴロの場合、内野手は1塁に送球します(もちろん状況で違います)。その際、捕手は必ずファールグランドを1塁方向に走ります。もし悪送球で1塁手が補球できない場合の備えです。プロでも「…

日本脳炎ワクチン製造中止のお知らせ

日本脳炎ワクチン製造中止に伴い、当院での予防接種のご予約を一時休止させていただきます。 予防接種再開の時期は現状未定となっており、再開の際はホームページにて告知させていただきます。 接種を希望されるお子様やご家族の方には…

ホクナリンテープは咳止め??

「咳」というのは大人も子どももよくある一般的な症状です。普段の診察でもホクナリンテープ(一般名:ツロブテロール貼付薬)という体に貼る薬がよく咳の薬として処方されます。   内服を嫌がったりする子どもに「体に貼る…

口の中で分かる病気

小児科は全身を診る科です。その中で「口腔内所見」といい、口の中の診察で、病名がはっきりすることがあります。 子供は口の中を見(診)られるのが大嫌いです。普通、舌圧子という平たい棒で舌を抑えながらライトで喉(のど)の上下左…

赤ちゃんの嘔吐

赤ちゃんは授乳中や授乳後に嘔吐することが多いものです。 僕の上司は「赤ちゃんというのは、吐きやすいものだよ」とお母さんに説明していました。もちろん、胃腸炎やほかの病気がないか、診察で確認してからの説明です。 大人はお腹い…

ワクチンと免疫の不思議

今はワクチンといえば新型コロナワクチンの事を指すかもしれません。 新型コロナにはまだ特効薬がありません。しばらくは、ワクチンの感染防効果に期待します。しかし、ワクチンの種類や年齢などによる効果の判断はまだこれからの調査、…

新生児科

小児科にも色んな専門分野があります。循環器(心臓疾患)、感染症、呼吸器・アレルギー、内分泌、血液、腎臓、神経、腫瘍など。そして、新生児科です。 僕は新生児の専門ではありませんが、数カ月だけ新生児病棟で研修をしました。新生…

今が開始時期、スギ花粉症の舌下免疫療法

1.舌下免疫療法とは 毎年、スギ花粉の季節に鼻炎症状で悩む患者さんが多くいらっしゃいます。 また、ダニによる通年生の鼻炎症状を持つ人もいます。 抗アレルギー薬の内服、点眼、ステロイド薬の点鼻を併用してどうにかスギ花粉の時…

分かりやすい?新型コロナワクチンの仕組み

連日、コロナワクチン関連の報道が続いています。 ワクチンの仕組みについては難しい言葉ばかりが出てきます。パソコンやネットの使い方をいきなり専門用語で教えてもらう感じです。 現在は高齢者、医療従事者が接種、いずれは若い世代…

対症療法と原因療法

1.「対症療法」とは 「対症療法」という言葉を医師から説明を受ける事は意外に少ないかも知れません。一般の方には「タイショウリョウホウ」は聞き慣れないでしょう。 対症療法とは「症状に対しての治療」という意味です。小児でも大…

1 2 3 4 5
pagetop